スキップしてメイン コンテンツに移動

投稿

注目

おぼえがき

庭のホタルブクロと紫陽花が咲きました! アゲハの羽化に立ち会えてうれしい日。 さて、再びアウトプットです。 森にも庭にも平野にも必要なはなし。 ・健康な土は多様な植物が混ざっていることがカギである。 ・悪化している土の回復には多様な植物が必要。 ・森の場合、間伐して地面に届く雨の量を増やす作業と同時に、地面に草や低木を増やして土を守り育てる作業が必要。 ・目指すは水がよくしみこむふかふかの土! (そのためには、ミミズ、モグラ、いろんな種類の植物大事) ・土が草木に覆われていないと、雨が直接土を削ってしまう。 ・草木の根っこは、植物のからだを支える役割と、地下からの水分や栄養をとる役割がある。 さらに、枯れることでできる空間は水や空気の通り道になるだけでなく、生き物の隠れ場所や育む場所となる。 ・草地は大事!地下に届く水の量は森よりも草地の方が多い。 ・森と草地とそれぞれの役割があるので、両方あることが重要である。 ・昔は草を大量に利用していた。 牛馬など家畜の餌、肥料、茅葺き屋根や土塀の中身、日除け、畳などなど…あらゆるものに使われてきた草達が使われなくなり、単なる邪魔者になり、それぞれ嫌われて除草剤をまかれる始末…。。 ちなみに、プラスチックが普及してから竹製品が利用されなくなり、全国の竹林が荒れて拡がり、大変なことになっているそうです。 それらを整備するためには100年くらいかかるとか…。。 それぞれの草や木は、それぞれに合う生き物がおります。なので、草木をはぐくむことは昆虫、鳥類、爬虫類、両生類、菌類、哺乳類etc.すべてを育むことになります。 とにかく、輸入ばかりに頼るのではなく、買って済ませるのでもなく、いまあるものを利用する知識と知恵が必要だなと。 by tomoko

最新の投稿

梅雨入り前に

菌類大事

竹の花

さんせんそうもく

*おしらせ*

こどもの日

三人展

ごぶさたに

浸種(しんしゅ)